【秋のセミナー】9月15日(土)開催「テゼの働きinバングラデシュ~朝テゼ、しませんか?」

2018/09/02

banner 秋のセミナー2018

 

ACEF秋のセミナー2018
――――Taizé×Bangladesh――――――――――――――――――
――――――――――テゼの働きin バングラデシュ――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――――

昨今のバングラデシュでは国内情勢が落ち着かず
ACEFでも支援先のバングラデシュのことを案じることが多々あります。
そのような中で日本にいる私たちには何ができるのでしょうか?

「テゼ共同体」はフランスの小村テゼにあるプロテスタントとカトリックのメンバーからなる男子修道会です。
祈りの生活とともに、世界の貧困の中にある人々と連帯して活動を行っております。
テゼはバングラデシュにも分院があり、長年貧しいイスラム教徒や少数民族とともに暮らしてきました。
今回のセミナーでは日本のテゼの第一人者であられる植松功氏をお招きします。
バングラデシュにおいてキリスト者として「貧困問題」「宗教」「マイノリティ」といった問題に祈りをもって取り組まれているテゼの働きを講演から学びましょう。

かつユニバーサルな形式でメディテーション効果にも近いということでファンも多い
魅力いっぱいのテゼの礼拝を実際に体験して
バングラデシュのために祈る時間を持ちましょう。

チラシのダウンロードはこちらから! ACEF2018年9月セミナーチラシ A4版

〚日 時〛2018年9月15日(土)
10:00~12:30 (開場9:30)
〚場 所〛SCF(学生キリスト教友愛会)
杉並区高円寺南5-14-9
http://scf.jugem.jp/?eid=4
(JR中野駅から徒歩10分)
〚参加費〛一般1000円 / 学生700円
(参加費はACEFを通してバングラデシュの教育普及のために用いさせていただきます。)
(また、イベントの中でバングラデシュ輸入のチャイとお菓子をご提供いたします。)
〚講 師〛植松功氏(うえまつ いさお)
上智大学神学部卒業
「黙想と祈りの集い」世話人代表
日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)の理事を長年務める

20180915秋セミナーチラシのコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

===
主催:認定NPO法人ACEF-アジアキリスト教教育基金
協賛:SCF-学生キリスト教友愛会