ACEFとは

(特活)アジアキリスト教教育基金
The Asia Christian Education Fund(ACEF)

1971年に独立したバングラデシュはアジアの発展途上国の1つですが現在、国を挙げての新しい国造りに励んでいます。しかし、識字率は未だ低く、政府の統計においても49%です。新しい国造りに「教育」が欠かせないものであることは、言うまで もありません。
明治初期、アメリカからの宣教師が、日本の教育(特に女子教育)を始め日本の近代化に大きく貢献したように、今、バング ラデシュで 最も必要なことは初等(基礎)教育です。1990年5月ミナ・マラカール女史は、バングラデシュの首都ダッカ郊外において、初等教育に取り組むキリスト教系NGO「サンフラワー教育計画=SEP(現BDP)」を創立しました。このマラカール女史よりの呼びかけに応えて、アジアキリスト教教育基金(ACEF=エイセフ)は、バングラデシュの子どもたちに「寺子屋を贈ろう」と1990年10月に発足しました。

01acef01

 

*識字率:59.1%
(2015年10月バングラデシュ統計局)