2つの願い

1)バングラデシュに寺子屋(民間の小規模学校)を贈ること

学校に行けず、田や畑で働いたり、街で物売りをしている子どもたちが、働きながら通える寺子屋学校を開き、一人でも多くの子どもたちに教育の機会を与えたいと願っています。01acef02

  • 学校がない地域の子どもたちのために、寺子屋幼稚園、寺子屋小学校の開設・運営支援をしています。
  • ダッカとプーバイルでは、職業訓練校(機械科、電気科、木工科、溶接科、裁縫科、コンピューター科)を開設し、小学校卒業生の支援も行っています。
  • 首都ダッカのスラム地区の幼稚園1校(10クラス163名)でスタートしましたが、今では、6地域に活動が広がり、学校数67校、生徒数10,570名、教師数253名(2015年度)と大きく発展しました。

 

2)アジアの諸問題に、積極的に取り組む青年を育成すること

アジアの人々から多くのことを学びつつ、自らの生き方について一緒に考えていく中で、さらに積極的な関心を持つ青年が育つこ とを願っています。

01acef03

  • 年2回のスタディーツアー春に1週間、夏に2週間のバングラデシュへのスタディーツアーを実施しています。
    現地のパートナーNGO、BDPのスタッフとともに、バングラデシュ各地の寺子屋学校を訪問します。
  • 年2回のセミナー年に二回、春と秋にACEFセミナーを開催しています。
    アジア、教育、キリスト教という大きな3つのテーマを順番に扱い、多彩な講師を招き、ともに学びます。