BDPの紹介

05bdp-logo1501971年に独立したバングラデシュは、アジアで最貧国といわれ、人々は絶対的貧困にあえいでいました。当時、同国における識字率は、約30%であり、特に女子に対する教育は軽視されがちでした。農村など貧しい地域においては、女子は14~15歳で口減らしのために嫁がされ、それが世界一の人口密度かつ人口増加率の一因ともなっていました。 長い間、女医として地域医療に従事してきたDr.ミナ・マラカール女史は、保健、衛生教育その他すべての地域活動の根底に「基礎初等教育」がなければならないことを痛感し、「すべての子どもに読み書きを」を念頭に、1990年5月、ダッカ市南部ジュライン(スラム地域)において寺子屋運動を開始し、それを、「サンフラワー教育計画=Sunflower Education Project = S.E.P.」と名づけました。家庭が貧しく、中学校に進めない女子学生に奨学金を与え、先生となってもらい、小学校入学前の子どもを集めて「寺子屋幼稚園」を始めたのです。

なぜ、小学生から始めなかったのかというと、その地域の方々(農村でも同様ですが)は、子どもたちに教育を受けさせる必要が分からなかったからです。幼稚園の子どもたちに字を教え、算数を教えることによって「教育」の重要なことを父母に知ってもらうことがまず必要だったのです。

この運動は、みるみる拡大し、翌年にはダッカ郊外のガジプール県プーバイル地区、やがて、南部農村地帯のボリシャール県カティラ地区、北部農村のジャマルプール県ジャマルプール地区、ボクシガンジ地区、ネトロコナ県ネトロコナ地区にまで広がっていきました。
それから約10年を経過し、1999年6月、SEPは、政府からNGOとして正式の認可を受けました。この新たな出発にあたり名称を新たにSEPからBDP(Basic Development Partners)に変更しました。

B=Basic は教育をはじめ開発・発展の基礎となるものを求める
D=Development は初等教育を中心としつつ、
その周辺にある課題と取り組みつつ発展を考えてゆきたい
P=Partners はACEFとの関係は、援助する側、される側という関係ではなく、
共にPartner , Co-Worker(共働者)として共通の目標に
向かって共に働いているのであり、その関係は、
BDPと住民とのパートナーシップともなっています。

アルバート氏SEP(BDP)ディレクター就任のことばより(1998.11)

国民の52%の人々が貧困にあえぎ、62%(女性は73%)が文字を知らないバングラデシュにおいて、貧困は、日常生活の中で、抜き差しならぬものとして定着し、「どうすることも出来ない現実」となりきっています。それ故、バングラデシュの子どもたちは、ある時は、母親の側でハンマーを持ってレンガ割りの仕事をしなければならず、また、父親と一緒に田畑で働かなければならず、そしてひとりで行商をしたり、ある場合には、乞食になるという道しか残されていない場合もあるのです。

多くの子どもたちは、学校へ行って教育を受けたいという望み、それは子どもの権利として当然のことですが、を抱きつつも、生きていくためには、どんなに幼くても、働かざるをえないという状況に追い込まれているのです。ですから私たちに与えられている任務は大きく、SEP(BDP)は、この貧困の輪を、子どもたちへの教育、また、それを通じての地域社会の向上をもって打ち破ってゆきたいと願っています。
私たちは、わたしたちが働いている地域の方々と協力し、全ての人々が健康な生活を営むことができる未来の社会をめざし、教育を通じて人々の潜在能力を開発し、十分な収入を得ることによって、家庭また地域における生活の向上に寄与し、国家に貢献したいと願っています。
以上の目的を実現するために、わたしたちは、使命を持って前進します。

すなわちまず第一に、より必要度の高い新しい地域に、寺子屋学校を建設すること。初等教育終了後の職業訓練プログラムを含め、政府の提唱している初等教育八年制への対応。婦人生活学級における識字教育の充実と収入向上プログラムの実施。

第二に、発展の基盤たるべき家庭に焦点をあてた教育を導入したいと考えています。教育こそ、全てのものの基礎であるということは、誰しもが認めるところです。私たちSEP(BDP)とACEFはその可能性に情熱を燃やしているのです。

SEP(BDP)と、ACEFは、現在に到るまで、限られた力ではありましたが、バングラデシュの「どうすることも出来ない現実」に、あきらめたり、妥協したりすることなく懸命の努力を積み上げて参りました。私たちが、与えられた使命を、果敢なる意志と決意によって遂行するならば、未来は自ら開けてくるでしょう。
問題は、私たちが、与えられた全ての能力を用い、全力を尽くしてそれに取り組むかどうかに懸かっています。私は、私たちの力の源である「信仰と希望と愛」により頼むならば、バングラデシュの子どもたちに「本来のこどもらしさ」を取り戻す、この大事業を成功へと導くことが出来ると確信します。